マレーシアのクアラルンプール国際空港「KLIA」はとても広い上に、ターミナルがJALやANAなどが発着する「KLIA」とエアアジアなどのLCC向けの「KLIA2」に分かれており、とても迷いやすいです。

チケットに「ターミナルM」と書かれていて、「アルファベットでABC・・・Mまであるんかい!」と不安になった方もいると思うのでお答えします。

ターミナルMはメインのMです。

そして、LCCが発着するターミナル「KLIA2」ではなく、JALやANA、マレーシア航空などのレガシーキャリアが発着するKLIAのほうですのでお間違えの無いように!

KLIAメインターミナル(ターミナルM)

KLIAメインターミナル(ターミナルM)

KLIAメインターミナル(ターミナルM)の内部はこちら。

LCC向けターミナル「KLIA2」

LCC向けターミナル「KLIA2」

もし、天井が白く新しいターミナルにあなたがいる場合、そこはLCC向けの「KLIA2」ですので間違っています。急いでKLIAへ移動しましょう。

無料のシャトルバスもありますが、乗り場がわかりづらい上にLTCP(Long Term Car Park:長期間駐車場)を経由するため時間がかかります。

搭乗時間まで余裕がない場合はタクシーかKLIAエクスプレス(電車)に乗りましょう。

※画像はWikipediaよりCCライセンスに基づき引用