ヨーロッパの格安航空会社(LCC)ボロテアを利用する機会があったのでレポートします。搭乗したのは、イタリアの国内線で、ベネチアのマルコ・ポーロ国際空港からシチリア島のパレルモにあるファルコーネ・ボルセリーノ国際空港まで運行されるV7 1220便です。

LCCというより、他のエアラインが就航しないニッチ路線が中心

ボロテアは、2012年に運行開始したばかりの新しい航空会社。スペインに本社を置くが、ヨーロッパ全域に路線を開設しています。他の航空会社が飛ばさないようなニッチな路線を、需要と季節に応じてフレキシブルに運航しているのが特徴。そういう意味では、超有名LCCであるライアンエアーや同じくスペインのブエリングとは若干スタンスが異なるといえます。

たとえば、フランスのパリ、イタリアのローマなどといったヨーロッパ各国の首都には就航していません。さすがに自国の首都であるマドリードには就航していますが、マドリードから飛べるのはイタリアのジェノバ、同じく地中海に浮かぶイタリアはサルデーニャ島のアルゲーロなどわずか4都市。

ボロテアのマドリード便就航都市

ボロテアのマドリード便就航都市

いっぽうで、ヴェネチアからは数えられないくらいの都市に就航しています。イタリア最南端の人口わずか5,000人のランペドゥーザ島にも就航していますが、10月下旬から翌5月まではお休みです…。

ボロテアのヴェネチア便就航都市

ボロテアのヴェネチア便就航都市

そんなわけで、なかなか狙って利用するのが難しいボロテアなのですが、今回はヴェネチアーパレルモを1時間40分で結ぶ直行便がボロテアによるわずか1日1便しかなかったため(2019年8月下旬)、これ幸いとチケットを予約しました。

ヴェネチアからパレルモ間は、アリタリア-イタリア航空ではローマ経由のルートしかなく、3〜4時間かかってしまいます。

ヴェネチアーパレルモ便も、オフシーズンは週2便

ヴェネチアーパレルモ便も、オフシーズン(2020年1月)は週2便のみ。

予約からオンラインチェックインまで

チケットの予約は、ウェブサイトかアプリから可能です。もちろん日本語サイトはないので、英語での予約が必要になります。

ボロテア 公式サイト https://volotea.com/en

ボロテア iPhone/iPad アプリ (App Store)

ボロテア Andoroid アプリ (Google Play)

ボロテアのスマートフォンWebサイト

ボロテアのスマートフォンWebサイト

LCCらしくシンプルなモノトーンに、コーポレートカラーのマゼンタが鮮やか。センスのよいサイトデザインです。

ボロテアのスマートフォンサイト予約画面

料金プランには、スタンダードと「メガボロテア」がありますが、メガボロテアは年間50ユーロを支払うことでチケットがお得に購入できるサービスです。地中海を年中飛び回るヘビーユーザーにはいいかもしれませんが、日本からの旅行者にはあまりメリットはないと思います。

ボロテアの搭乗者情報入力画面

搭乗する便が決まったら、搭乗者の情報を入力してクレジットカード決済というのは他のエアラインと変わりません。

相変わらずメガボロテアを推してくる。

相変わらずメガボロテアを推してくる。

相変わらずメガボロテアを推してきますが、華麗にスルーしましょう。

カード決済が終わると、メールにて予約詳細が届きます。

ボロテアのチケット予約完了メール

ボロテアのチケット予約完了メール

ふだんからLCCを使っている方には常識かもしれませんが、チェックインはオンラインで行ない、搭乗券は自分で印刷するか、スマートフォンアプリからウォレットに追加するか、バーコードを画像保存するのがデフォルトです。オンラインチェックインの項には、空港のカウンターで搭乗券を発行すると30ユーロがかかる旨の注意があります。

ちなみに、印刷用の搭乗券PDFのデザインがとても可愛いです。

ボロテアの印刷用搭乗券のデザインはとてもかわいい。

ボロテアの印刷用搭乗券のデザインはとてもかわいい。

A4サイズで、左上が搭乗券、その他の部分にはバゲージチェックインの時刻、搭乗時刻、出発時刻、到着時刻が「あなたのフライトスケジュールですよ・・・」と丁寧に書かれています。プリントを4つに折りたたんで持参すれば必要な情報はすべてここに。

機内持ち込み手荷物は10kgまでOK、受託手荷物は20kgまで15€

機内持ち込み手荷物は10kgまでOK

機内持ち込み手荷物は10kgまでOK

なお、機内持ち込み手荷物は上記の2個10kgまで、チケットに含まれています。

ボロテアの受託手荷物基準

ボロテアの受託手荷物基準

受託手荷物は有料です。1個あたり20kgまで15€がかかります。ただしホームページまたはアプリからの申込みが必要で、チェックインカウンターで申請した場合は50€、搭乗口で機内持ち込みができないと判断された場合は60€がかかります。なお、20kgを超えると12€/kgの従量制で、上限は1人あたり5個・50kgです。

後編では、いよいよ、ヴェネツィアのマルコポーロ国際空港に向かいます。

ボロテア航空のエアバスA319

ヨーロッパのLCC ボロテア航空搭乗記〜ベネチアVCE-パレルモPMO(2)搭乗編はこちら